自己破産・任意整理・民事再生・特定調停で借金の悩み解消

自己破産

自己破産とは、債務整理の手続きの中で最も有名な手続きで、あなたのかかえる債務額が返済不可能なほどに多額である場合、弁護士などの専門家が裁判所に破産を申し立てることにより、 債務を帳消しにする手続です。
この場合、あなたの借金はなくなりますが、不動産や自動車などの資産を持っている場合には、 それらを手放さなければなりません。ですから、特に資産を持たず、多額の債務をかかえている方は、 この「自己破産」の手続をとるのが良いといえます。

破産宣告を得て免責決定が下りると、その後の返済義務が無くなることが最大の特徴ですが、破産者の財産のうち、最低限度のもの以外は債権者に分配されます。
最低限の生活は保証されていますので生活する上での必要最低限の家財道具は差押え禁止財産として取上げられることはありません。

破産の事実が戸籍に記載されるとか、選挙権がなくなるというようなことは一切ありません。 また、職場に知られる可能性も非常に低いといえます。
しかし、自己破産をすると、信用情報機関にブラックとして登録され、信用情報機関によって違いがありますが、およそ5年~10年の間、履歴が残ります。
このブラックリストに登録されると、その期間は銀行やサラ金からお金を借りたり、クレジット会社からクレジットカードの発行を受けることが難しくなります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0